上新住研株式会社

東淀川区の不動産、
新築分譲物件は創業40年の上新住研へ。

トップ > 標準住宅仕様 > 耐震構造

耐震等級3相当の地震に備えた家造り

地震大国の日本の住宅において、重要な要素の一つとして挙げられるのが、大きな地震がやってきても倒壊しないような安全な家です。 平成12年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)では、良質な住宅を安心して取得出来る市場を形成するために作られた「住宅性能表示制度」が制定されました。

そのうちの一つの耐震等級は以下のように等級が設けられています。

耐震等級

上新住研の家は耐震等級3相当となります(※)。地盤サポートシステムと併せて地震に強い家をお届け出来ます。

※平成30年1月6日着工分より適用となります。住宅性能評価書の取得については有償となります。プランや諸条件により耐震等級3を取得出来ない場合がございます。

木造2階建住宅の構造計算も行います。

現在一般的な木造2階建の建物は「4号建築物」と呼ばれ、確認申請時に構造計算の審査を簡略化することが認められています(諸条件有)が、お客様に安心して長く住んで頂けるよう、上新住研の家は全邸構造計算を行います。